1月29日「相生かきまつり」に出店しました

行列が途切れなかった牡蠣フライ販売

室津・相生・赤穂の地域は西播磨の牡蠣回廊と云われ1月29日より1週間毎に行われる恒例の牡蠣祭り。

2月11日日曜日が最後となる「相生の牡蠣祭り」がIHIふれあい広場で開催されました。

私たち「西播磨なぎさ回廊づくり連絡会」は「牡蠣フライ」を提供しました。

2週間前に行われた「室津のかき祭り」より牡蠣は一段と大きくなっており1皿3個の販売となりました。

販売を開始すると瞬く間に長い行列が出来ておりました。

やはり「熱々フライ」は美味しさも特別らしく行列は途切れる事無く、その為スタッフも休む暇なく、牡蠣30kgに取り粉、パン粉をまぶしフライにして「牡蠣フライ」を4時間あまりで売り切る事が出来ました。

マイナス2度とこの日は特別に寒く腰と足にはホッカイロ、下着は極暖シャツとマスク姿で武装し臨んだ為、最後まで作業を続ける事ができましたが終わった後、差し入れされた暖かい「おでん」は体にしみる旨さとなりました。

行列頂いた人達に「売り切れ」案内をするのは申し訳なく思いながら完売の満足に浸った1日となりました。